HOME>トピックス>プライバシーが守られて症状が改善に向かいます

心の問題の場合も

医者と患者

体の不調は至るところに出ますが、中でも人に言いにくいのが尿トラブルだと言われています。尿トラブルは高齢者だけの悩みではなく、若い世代の方でも訴えるケースが増えています。頻尿や血尿には重大な疾患が潜んでいるケースがあり、早めに埼玉の泌尿器科を受診するようにして下さい。簡単な問診を書いた後には、血液検査や尿検査を行うことになります。必要であればエコーやCTを撮影して、徹底的に原因を探ることになります。頻尿や前立腺肥大については、近年は良いお薬が開発しています。QOLが格段に上がりますし、会議や旅行の際もコンプレックスがなくなります。早期の発見と治療を心がけて下さい。

増える女性医師

医者

女性が尿トラブルを言い出しにくい要因に、男性医師に悩みを打ち明け辛いことが挙げられます。しかし、近年は埼玉において女性の泌尿器科医が増えています。同性であれば話がし易いですし、治療にも前向きになれると言われています。特に最近は、心因性の頻尿に悩む方が増えています。メンタルクリニックと泌尿器科が連携することで、スムーズに治療にあたることが出来ます。インターネット上の口コミ評価を参考にするのも良いですし、かかりつけ医があれば相談するのもOKです。加齢のせいと諦めてはいけませんし、どんな些細な症状であっても泌尿器科医に話してみて下さい。共に改善策を探すことで、完治の可能性が高まります。